心理学的に正しい瞑想のやり方と、正しい呼吸法とは?

メンタル

想をすると集中力が向上したり、雑念が去る。
そう言った効果が期待される話はよく耳にします。

の効果は心理学的にも正しいことが証明されているのです。しかし、いざ瞑想を始めようとしても習慣化することは簡単ではありませんよね。
なぜなら、、

  • 瞑想に1日の内どれくらいの時間を割けばいいのか?
  • 瞑想の正しいやり方や呼吸法
  • そもそも瞑想の効果が感じられない
  • 瞑想はなんの効果があるの?

このような疑問が生じてしまうからです。
この記事を読むことであなたはこれらの疑問の答えを知ることができます。

ネガティブな感情の正体と感染力

たち現代人は毎日のように、多くの情報に接して生きています。この情報を正しく処理できなかったり、消化不良を起こしてしまうと、心に負担をかけてしまうのです。これがストレスや不安といった、ネガティブな感情の正体です。

ガティブな感情は自分自身の状態も悪化させますが、周囲の人に伝染して生きます。どれくらい感染力があるのかと言うと、ポジティブな感情のおよそ7倍の勢いで、ネガティブな感情を周囲に拡散させてしまうのです。恐ろしいですよね。

あなたは瞑想の驚くべき効果をまだ知らない

のネガティブな感情を簡単にリセットできるのが瞑想です。瞑想の効果がこれだけだと、瞑想をする意味がないのではないかと思われるかもしれません。しかし瞑想にはこの効果の他にプラスアルファでものすごい効果があったのです。

的に言うと頭が良くなります。なぜなら正しい瞑想をすることで、脳の記憶や情報処理を司る神経に酸素が行き渡り脳が活性化するからです。他にもリラックス効果や共感能力の向上にも影響を与えることができるのです。

瞑想の正しいやり方と、正しい呼吸法とは?

  1. 姿勢:背筋をまっすぐに伸ばす
  2. 呼吸法:4秒で吸い、6秒で息を吐く
  3. 目の状態:目を閉じるか、目を開く場合はある一点を見つめる
  4. 考えること:呼吸だけに集中する

も最近DaiGoさんの瞑想法を生活の一部に取り入れました。こちらの動画はすごく参考になります。

瞑想は1日何分行えばいいのか?効果を実感するためには?

それでは瞑想を具体的にどれくらい行えばいいのか?についてお伝えします。

瞑想に1日どれくらいの時間を割けばいいか?

3分から10分程度の時間を瞑想に当てましょう。そしてそれよりも大切なことはなにより継続することです。例えば最初の3日だけ瞑想を生活の一部に取り入れたとしても、それは全く意味がないものになってしまうのです。続けることに意味があるので、最初のうちはたった3分でいいので、継続して瞑想をするようにしましょう。

効果を実感できるのはいつから?

想の効果は継続してからどれくらいで実感するのでしょうか?瞑想を行った総時間が3時間を超えたあたりから効果が実感できると心理学的に言われています。なので1日3分瞑想を行った場合は60日、つまり2ヶ月目から実感できるようになります。

瞑想に関してのまとめ

Q.瞑想に1日の内どれくらいの時間を割けばいいのか?
A.毎日3分から10分程度瞑想する習慣をつけましょう。

Q.瞑想の正しいやり方や呼吸法
A.ポイントは、背筋を伸ばして呼吸に集中すして瞑想する。

Q.そもそも瞑想の効果が感じられない
A.最低2ヶ月は継続しましょう。

Q.瞑想はなんの効果があるの?
A.ネガティブな感情を抑制してくれます。

習慣化してぜひ瞑想の効果を実感してください!

コメント