ぼっちでも楽しめる都内のおすすめ水族館3選

お出かけスポット

度水族館に行こう。と思ってもどこの水族館に行こうかな?一人で水族館回って微妙だったら嫌だな。と思っている人向けの記事です。今回ご紹介する水族館は「葛西臨海水族園」「すみだ水族館」「サンシャイン水族館」これらの水族館の”良かった点”と”いまいちだった点”をまとめます。ではでは。

葛西臨海水族園


葛西臨海水族館は「JR 葛西臨海公園駅」から歩いてすぐにある水族館です。外観は上の画像のように、とても個性的な風格。

良かった点

西臨海水族園の目玉は「マグロの水槽」でした。この水槽はドーナツ型になっていて、360度どこを見てもマグロに囲まれている体験ができます。まるで自分が海の中にいるような感覚を味わえます。他にもメリットがあり、マグロの他にも600種類以上の生き物を観察できるのにチケット代が驚異の大人”¥700″という安さ。コスパ重視で水族館を選ぶならここ”葛西臨海水族館”がおすすめです。

いまいちだった点


人的にペンギンが好きなのですが、その展示が雑だったのが少し残念でした。まず屋外の展示でペンギンを上から見下ろす感じで観察するエリアと、水槽を真横から観察するエリアに別れていました。後者のエリアは問題ないのですが、前者のエリアから見ると距離が遠い….。上の画像にような感じ。その点がいまいちでした。ペンギンにこだわりがないのなら全く問題ありません。

すみだ水族館


すみだ水族館は東京スカイツリーの真下にあるスカイツリータウンにある水族館です。スカイツリーに登った後に訪れてもいいかもですね。

良かった点


みだ水族館はとにかく展示の演出が凝っている。面白い形の水槽で展示されていたり、クラゲのエリアも絶妙な光の加減で深海を演出していたり。なにかテーマ性を持たせた水族館なのかなぁと思いました。完全屋内な水族館なのでゆったりくつろいで楽しめます。またペンギンとの距離が近く、様々な角度から観察できるのもポイント高いですね。ペンギンを観たいなら”すみだ水族館”に行ってみましょう!

いまいちだった点


般的に水族館と言って頭に思い描くイメージとは少しかけ離れているタイプの水族館です”すみだ水族館”は。テーマ性を持って展示しているので、雰囲気を楽しむにはいいかもです。ただ葛西臨海水族園に比べると生き物の種類は少ないので、そこを重視する方にはおすすめできません。そんな感じです。

サンシャイン水族館


池袋サンシャインシティにある水族館。サンシャイン水族館のトレードマーク(ロゴ的なの)を撮っていなかったので、青いカエルの画像で代用しますw

良かった点


っくり言うと、葛西臨海水族園とすみだ水族館のいいとこ取りをしたかのような水族館です。展示の方法もユニークなものが多いし、生き物の種類もまぁまぁ。例えば色違いのカエルでまとめた展示ブースがあったり、ペンギンやアシカが空中を飛んでいるような展示の手法を使っていたりと。面白い工夫があちらこちらに施されているのです。

いまいちだった点


にありません。展示の雰囲気も種類もまぁまぁ。屋内と屋外の両方楽しめる。強いて言うならバランス型水族館なので、なにかに特化したものが言うほどありません。飛んでるアシカとペンギンくらいでしょうか。どこの水族館にしようか迷ったらとりあえず”サンシャイン水族館”へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

ぼっちでも楽しめるおすすめ水族館のまとめ

3週連続で都内の3つの水族館へ行ってみて、わかったことや思ったことをまとめてみた記事でした。ぼっちで水族館は意外に楽しめました。時間を忘れて水槽をぼーっと見る。自分のペースで回れるのでおすすめです。個人的にはすみだ水族館の雰囲気がいいかなぁー。あなたにぴったりな水族館は見つかりましたか?

コメント